野菜苗で五感を刺激する最高のエンターテイメントを!
banner

  • banner1
  • banner2
  • banner3
  • banner4
  • banner5
 

「これがキワーノっていうんだって!!」

目の前に圧倒的な存在感を漂わせた、派手で厳つい奴を差し出された。全体的にツノに覆われ、まるで、ど
派手な南国の貝の様。果皮の色は、オレンジ色に近い黄色で、よく観察すると、ところどころオレンジ色の点
々が濃くなっていて、それが模様になっている。

手に取ってみた。以外と重い。そして痛い。キワーノの別名は“ツノメロン”と呼ばれるが、なるほど納得。ツノの様になった部分から更に針の様な棘まで出ている。接触する際は要注意です。
外皮の感触は全体的に固く、本当にド派手な南国の貝にみえる。
地球上には想像もつかない様なものがあるもんなんだな…。自然の産物は芸術品だなと常々感じるが、キワーノも完成された一つの芸術品として見る者を魅きつける不思議な力がある様に感じる。
さっそく、切ってみる事にした。

『うっ…うわぁ〜きれい〜』
固い外皮と色からは想像もつかない様なキラキラと光るみずみずしい、半透明でうすい緑色の果肉が現れた。
思わず果肉と外皮を見比べ、同じ果実である事を確認してしまった。
中の果肉はキウイフルーツの様な緑なのに…。外皮は黄色。きちんと色分けされていて、混ざらないのが不思
議な位。同時にライムっぽい香りが漂ってきた。
どんな味がするんだろう…。
恐る恐る口に入れてみた。

『ん!?…ん…!?ライム…?イヤ違う…』
口に入れた瞬間のつるんっとした食感。これは、半透明でうすい緑色の果肉。これはまさに食べ慣れたゼリーの食感でした。“果
物から採れる天然のゼリー”これは凄い!!私の中でキワーノは鮮烈なデビューを飾りました。